• 尾瀬散策は便利なバスツアーで

    尾瀬を訪れるには、鉄道やバスを乗り継いで行く方法もありますが、首都圏から出発する場合、圧倒的にバスツアーが便利です。

    環境保全のためマイカー規制も行われているので、愛車でドライブ派のかたもバスツアーを利用するほうが、マイカーを停める駐車場からシャトルバスに乗り換える面倒さを回避できます。
    尾瀬散策の群馬県側の起点となる尾瀬南西の入り口となる鳩待峠は、関東方面からのツアーバスの利便が良いので、その恩恵にあずかって、湿原での滞在時間を鉄道利用派より長めに取ることも可能です。
    尾瀬を初めて訪れる場合、意外に戸惑ってしまうのが、鳩待峠から木道のある湿原までの徒歩区間です。

    バスを降りたらすぐに湿原エリアが広がっているわけではなく、ハイキングに慣れていない人にとっては、ややキツめの山道を歩かなくてはなりません。



    何の予備知識もないままでは、街中を歩くような服装や靴で行ってしまう恐れもあり、現地で困惑することにもなりかねません。
    旅行会社が主催するバスツアーであれば、申し込み時などに、その時期に最適な服装やハイキング向きの靴など、最低限の注意事項を教えてくれます。



    ベテランのガイドが同行してくれるツアーであれば、さらに細やかな事前情報のお知らせはもとより、現地に到着してからの安心度が違ってきます。
    尾瀬ならではの地形や歴史、特殊な植生の植物について教えてもらうこともできます。

    東京から大阪まで高速バス全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

    大人気の観光地だけに、各旅行会社が特徴あるツアーをさまざまに企画していますので、ネット検索やパンフレットでそれらを探してみることから、旅の楽しみが始まります。


  • 納得の真実

    • 尾瀬はラムサール条約湿地にも選ばれる名勝であり、年間を通じて感動的な景色が眺められる場所として知られています。ツアーで訪れる人は、希少な高山植物や雄大な空の景色を眺めることで、日々の疲れやストレスを解消しています。...

  • 初心者向き娯楽

    • 尾瀬ツアーを楽しむ場合には、至仏山のコースを選ぶことによって多彩な種類の高山植物を見ることができます。具体的には、鳩待峠を出発する形で次第に高度を高めて、徐々に山頂を目指していくことになります。...

  • 情報分析

    • 東京から尾瀬にアクセスするルートは、マイカーで一般道を使う場合には、大部分の区間では国道122号を使うことになります。最初には北本通りを進んで、国道122号の新荒川大橋を渡って埼玉県川口市に入ります。...

  • 娯楽入門

    • 東京から尾瀬へのバスツアーは、日帰り、宿泊を問わず各旅行会社がさまざまな企画で催行しています。都内のバスターミナルから乗車して、スムーズにいけば約3時間あまりで尾瀬ヶ原に近い鳩待峠に到着できるので、首都圏から気軽に訪れることができる観光地という印象があります。...