蜂の巣を自分で駆除する場合

庭先や軒下など自宅周りに蜂の巣があるのを見つけたら、やっぱり心配でしょう。一度刺されたら、二度目に刺された時に激しいショック症状を起こす可能性があるといわれていますから、小さなお子さんがいる家庭などは特に注意しなければなりません。スズメバチなど獰猛な蜂は自分で駆除することは難しく、危険ですから業者に任せた方が無難です。しかし、蜂の巣がまだ小さくて自分の手の届く位置であるのなら、市販のスズメバチ用の駆除スプレーを使っても良いかもしれません。

その際にはできるだけ蜂の巣から離れて噴射し、可能なら防具なども用意したほうが良いでしょう。スズメバチの巣にいる幼虫を食用にする地域もあり、価値がある貴重なものとして扱われることもあるようです。もし近所にスズメバチの巣が欲しいという人がいたら、差し上げますからどうぞ持ち帰って下さいと駆除をお願いできるかもしれません。スズメバチほど危険ではありませんが、よく目にするアシナガバチの巣も気を付けた方が良いでしょう。

それほど大きな巣ではないので、うっかりして触ってしまうと攻撃したとみなされて刺されることもあります。これも蜂用のスプレーで駆除が可能ですが、アシナガバチの場合は作った巣は翌年また使うということがなく、放置しておけば巣立って空になります。どうしても危険な場所にあったり気になるのなら駆除するのも仕方ありませんが、そっとしておいて巣立つのを待つという選択もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です