蜂の巣の駆除について

蜂は民家の軒先に巣を作ることがあります。もし蜂の巣が自分の家の軒下に出来てしまったら大変です。蜂に刺されると体質によってはアナフィラキシーショックを起こすことなどがあるからです。特に小さなお子さんがおられる家庭では、子供が刺されることを防ぐためにも速やかに駆除することが必要になってきます。

スズメバチやアシナガバチなどは、巣を守るために人間を攻撃してくることがあるためにとても危険です。蜂の巣を見かけたら、不用意に近づいたり、棒でつついたりしないように十分気を付ける必要があります。コガタスズメバチは比較的おとなしいとされていますが、それでも巣を刺激すれば激しく人間を攻撃してきます。特に攻撃性の強いオオスズメバチやキイロスズメバチの巣を駆除しようとすることは大変な危険が伴います。

オオスズメバチとキイロスズメバチに刺される事故が日本では1番多いのです。オオスズメバチは大型で40ミリ近くもあります。縄張り意識が非常に強いために、蜂の巣に近づいただけで攻撃してくることもあるために注意が必要です。またキイロスズメバチは25ミリほどの大きさですが、非常に攻撃性が強く巣に近づいただけでも攻撃してきます。

木の枝や民家の軒先や床下などに巣を作ることが多いために、オオスズメバチよりも遭遇する確率が非常に高いといえます。オオスズメバチやキイロスズメバチのような攻撃性が非常に強い蜂の巣は、専門の業者に頼んで駆除してもらう必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です