コウモリ退治、オススメの方法とは?

ベランダや軒下に小さな糞が落ちている時、それはコウモリの糞という事も考えられます。コウモリ自体も野生の動物で病原菌を持っているため、当然ながら糞にも様々な菌が含まれています。掃除する時は直接手が触れないように気をつけ、小さい子供にも触らせないように注意すしなければいけません。そして自分の家にコウモリが出入りしている可能性が高いので、早急にコウモリ退治をする必要があります。

コウモリ退治は自分でも出来ます。ただしコウモリは鳥獣保護法の対象であるため、勝手に傷つけたり殺したりしないようにして追い出さなければいけません。コウモリ退治グッズはホームセンターやネットショップで販売されており、嫌な臭いを発する忌避スプレーや忌避剤が有効です。もし忌避剤の臭いが苦手であれば蚊取り線香でも効果はあり、コウモリが嫌う超音波発生装置も人気があります。

こういったグッズを活用して無事にコウモリを追い払った後、侵入口を塞いでおくのも重要です。侵入経路を防ぐためには金網やシーリング剤などが便利で、1センチ程の隙間でも侵入が可能なため徹底的に塞ぐ事がポイントです。コウモリ退治をする時間は活動が活発になる夕方がおすすめで、この時間帯なら一気に効率良く追い払う事が出来ます。またコウモリ退治には向いていない時期もあります。

7月や8月の出産時期、11月中旬から3月下旬までの冬眠時期は飛び立つ事が出来なかったり動かなかったりするので、この期間は避けるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です