コウモリ退治に必要なこと

昨今住宅にコウモリが住み着いてしまい糞尿などの被害が増えています。住宅に住み着くコウモリはアブラコウモリという種類で、体長が5センチ程度体重も10gほどしかありませんから小さな家の隙間からでも内部に侵入してしまい、天井裏などに巣を作ってしまいます。アブラコウモリは繁殖力も強く知らない間に100匹以上も増えていたというケースもあるほどですから、できるだけ早く発見することが大切です。コウモリが住み着いていることを発見した場合、すぐにでもコウモリ退治をしたいと思うかもしれませんが、コウモリにはさまざまな雑菌が付着していますし糞にも菌が含まれていますからむやみに駆除しようと思うと、感染症にかかってしまう可能性がありますから慎重に行う必要があります。

コウモリ退治として有効な方法は、強力な磁石をおいたり超音波を発生させる装置を設置することで、コウモリの動きをくるわせて近づけなくするという方法があります。ただ侵入口をきちんと塞がないと再度侵入される可能性がありますが、ごく小さな隙間からでも侵入してしまうためなかなか個人で発見することは難しいといえます。プロの駆除業者であればコウモリ退治を行った後、豊富な経験からコウモリの侵入経路を発見することができ、きちんと穴を塞いでくれますから再発のリスクもありませんし糞尿の清掃などもきちんと行ってくれますから安心です。コウモリ被害に悩まされている場合には一度駆除業者に相談してみるとよいでしょう。

超音波でカラス対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です