ねずみ超音波で駆除できる装置の仕組み

ねずみ超音波装置は、ねずみを追い払うために超音波を利用する方法で、ねずみにとって不快な音波を発する装置を家に設置する仕組みとなります。ねずみは視覚はそれほど発達していませんが、嗅覚や聴覚に優れ、その聴覚に優れていることで、超音波が追い払う上では有効とする実験結果があるためです。毒エサやトラップと違ってメンテナンスの必要もなく済み、設置しておけばそれだけで家自体に寄せ付けることができない方法のため、死体の発生などもしないで駆除できるのが人気となっています。またねずみは1.5cm程度の隙間があれば容易に侵入することが可能なので、どうしても家に住み付いてしまうということも多いですが、超音波で追い払えれば隙間があっても助かります。

ただ実際にねずみ超音波の装置が有効かについては装置の種類によるとすることも多く、効果ない場合もあります。つまりねずみにとって不快なのは確かですが、長時間も浴び続けるとその耐性が出来てしまうことがあります。そのため、最初の何日かは居ない状態にあっても、数日後にはねずみが事無げに発生して住み付いてしまうことも珍しくありません。そしてねずみ超音波が効果を発揮する上では、超音波が可変であることが重要なポイントであると言われています。

その理由としては、人間を始めとする生き物は環境に適合するようにできているためだからです。一定の音波であれば最初だけは忌避しますが、慣れてしまえばねずみも気にしなくなります。しかし可変の音波だと不安定過ぎて慣れることができず、住み付きにくい状態に陥ります。ねずみ超音波の装置で効果に優れているタイプは、周波数を自動的に可変できるタイプが多くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です