ネズミを退治するのも楽ではありません

ネズミは日本のどこにでも生息しています。小さな生き物で、体長は5センチから30センチほどです。ネズミにも色々な種類があり、ペットとして飼われているものもあり、また、下水道などで、ひっそりと生息しているものもいます。また、実験用のネズミもいます。

しかし、私たちがねずみと聞いて思い返すのは一般的に、家の周りや、どぶなどに生息するどぶねずみを思い返すでしょう。これらのネズミは人間に対して悪さをします。例えば、台所に侵入して、食品の残り物などをかじったりします。また、どぶねずみは非常に不潔ですので、衛星面で非常に悪いものです。

中世のヨーロッパではねずみを介して、黒死病が流行って、多くの人が亡くなりました。ですので、どぶねずみは退治しなければならないのです。しかし、退治と言ってもそれほど簡単ではありません。昔は猫を飼うとネズミを駆逐してくれるということもありましたが、近年では、そういったこともあまりないようです。

これには猫が以前よりはおとなしくなったからという説があります。ねずみを退治するには殺鼠剤が有効です。これは、台所などに、ねずみの好物を置いておき、そこに殺鼠剤を混ぜるというものです。殺鼠剤は強力ですので、ねずみは簡単に死にます。

現在の日本では、これがもっとも有効な退治の方法であることは間違いありません。また原始的な方法にねずみをトリモチで捕まえるという方法もあります。これも、餌でねずみを誘いだして、トリモチにくっつけさせるという方法です。殺鼠剤ほどの効果はありませんが、古くからある伝統的な手法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です