ネズミ退治の効果的な方法

ネズミが家に発生するといろんな被害がでてしまいます。感染症や皮膚炎などの衛生的被害や、コードなどを噛み切られ火事などを引き起こす経済的被害もあります。ネズミの身体には、イエダニやノミなどが寄生しているので、家中にイエダニやノミが発生し人々に害を与えます。家に住み着いたネズミを退治するためには、習性や行動を詳しく把握することが大事です。

壁際や物陰を通路として行動し、広い空間を横切ることはありません。夜行性のため、日没後や夜明け前が一番活発に行動します。侵入口をしっかり調べておくことも大事です。体の汚れがついて黒くなっていたり、足跡やかじり跡が残っているので、これらを目安にして侵入口を探すといいでしょう。

小麦粉を撒いておくと、足跡が残るので侵入経路がわかります。侵入口が分かったら、殺鼠剤を設置すれば退治しやすくなります。侵入口だけでなく、被害が出た場所や姿をよく見かける所に設置すると退治しやすいです。できれば一か所だけでなく、複数の場所に設置すると効果がせでやすいです。

ネズミは警戒心が強いので、設置してすぐには食べてくれませんが、しばらく置いておくと慣れてきて食べるようになります。1週間たっても食べない場合は、違う場所に置いてみるといいでしょう。粘着剤の周りに殺鼠剤を置いておくと、退治の効果がでやすくなります。日ごろからネズミが住みつかないように、生ごみは蓋つきのゴミ箱に入れたり、食品は出したままにしないことが大事です。

巣の材料になりやすい段ボールや新閔紙はできるだけ片付けておくことも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です