プロに頼まず自分でできるネズミ駆除方法

もしもネズミを見かけたり、さらに何かをかじられるなどの被害が出てしまった場合、早急に対策が必要があります。自力で駆除が可能なのか、それとも業者に依頼しなければ難しいのかという判断です。業者に頼めば確実で効果が出るのも早いが費用が当然かかります。一方自力の場合は、費用を抑えられてすぐに始められますが、手間もかかりますし、効果が出るまでに業者と違い時間がかかることが多いです。

こう見ると、業者に頼むのが適切ですが、ネックとなる費用については地元の駆除業者に相談や見積もりだけで出してもらい、検討するのも良いはずです。あくまでも自力でネズミ対策をするとなれば、ねずみを駆除か、または遠ざけ、入られないようにすることが対策となります。これらは並行して行うことで効果を発揮しますが、いずれにしても一般家庭でする場合は、市販されている商品を使うことになります。ネズミ駆除においては、バネ式の罠、かご式の罠、粘着シート、毒餌などがあり必要に応じて使い分けます。

バネの圧力によってネズミを殺すバネ式は、設置が簡単で何度でも使えます。生け捕りになるためその後の処理が必要となるのがご式のです。同じように生け捕りになるため後の処理が必要なのが粘着シートです。安価なものの通り道に正確に置かなければいけないなどの難しさがあります。

古典的な毒餌は効果的ですが、幼児や他のペットが食べないように注意が必要です。また死骸を探す必要があるのはネックです。これらを利用し駆除を行っても被害が収まらない場合は、業者に頼むべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です